眞秀路 澪 : マホロ ミオ
 
年齢不詳 性別不詳 身長不詳 体重不詳

検非異使長官・別当の任にある謎の人物。

官位は参議三位。帝の勅旨により既に百年あるいは千年もこの任にあるのではないかと囁かれるが、真偽のほどは定かでない。
名の「眞秀路」も「澪」も所詮は偽名・通り名に過ぎず、その正体がそもそも本当に参議のうちの一人であるかも疑わしい。
「真秀ら(まほら)」の言葉は万葉集に見られ、秀でた国土、素晴らしく優れた土地の意。
「まほらま」「まほろば」とも言い、表記は「麻保良」「真秀路」など。
一方の「澪(みお)」は「水尾」または「水緒」を意味し、海や川で水の流れる筋を指す。
別当・眞秀路澪の名をそのまま採ると、秀でた国土へのいたって自然に流れる一つの筋道、ほどの意味となるか。
 本篇では通称「別当」「別当様」と呼ばれるに留まり、その言葉は翼黒を通じて語られるのみである。
 
  
平 神子坊 : タイラ ノ ミコボウ

年齢不詳 ♂ 207cm 125kg

検非異使佐[ケビイシノスケ]四人のうちの一人。

密教秘術を操る怪力の巨漢。一応は僧籍にあるらしいが詳細は不明。
別当・眞秀路澪の下命により、現在は部下を連れ西国へ出向中であるため留守。
本篇では「神子坊ならばとっくに壊しておるわ」「神子坊めの術ならやりようもあったかもしれんがな」のように
華艶丸や影郎の言葉からその存在が伺い知れる程度である。
無論「神子坊」の名は単なる通り名に過ぎないと思われるが、平[タイラ]の姓からは皇族賜姓の一門が想像される。

 
 
安倍 晴明 : アベ ノ セイメイ

 年齢不詳 性別不詳 身長不詳 体重不詳

陰陽家、時の陰陽頭[オンミョウノカミ]。

聖徳太子と同時代の優れた政治家・倉橋麿[クラハシマロ]を一門の始祖に持ち、
のちに安倍一門は土御門[ツチミカド]を称し暦法を独占した。
本篇に出ることはないが、影郎が晴明から手配した物品を用いたりしているところを見ると、
検非異使とも何らかのつながりがあったことが伺い知れる。
 

閉じる